staff-ari のすべての投稿

厳しい指導の上司に見守られながら、自分の成長を確かめながら覚えていった看護の仕事

病院外来 主任

 
私は、子どもの頃から「大人になったら看護師になりたい」と言っていました。おそらく、自分が入院したり、入院中の祖父母を見舞ったり、母の通院に同行したりする中で、看護師を見てそういう風に言うようになったのだと思います。高校を卒業する時も、迷いはなく看護学校に入学しました。学生時代は課題が多く、寝る時間が少なかったという記憶の他、指導者に厳しさを感じていましたが、看護師になってからは、職業人として責任も伴い、学生時代以上に悔しい想いもたくさんしました。しかし、看護師を辞めたいと思ったことは一度もありませんでした。新人の頃は、上司に厳しく叱責されることはありましたが、理不尽な叱責は一度もなく、私に非があることを納得させられることが多かったです。自身の不甲斐なさに悔しい想いはしましたが、本気で叱ってくれる上司に巡り合い、むしろラッキーだと思っていました。実際に、叱られた後は、しっかり私の行動を観てくれており、できなかったことができるようになると「できるようになったね!」といった感じで声を掛けてくれ、自分の成長を確かめながら看護の仕事を覚えていくことができたと思います。

「患者さんが~したい」と言えば、できる限りその方法を一緒に考えることを大切にしていきたい

若い頃に、体力や筋力の低下が著しい患者さんを担当したことがあります。その患者さんの息子さんが結婚することになり、いつも「結婚式に行けたらいいんだが・・・」と仰っていました。私は結婚式の参加はさすがに難しいだろうと思いましたが、先輩に相談したら、「結婚式に連れて行ってあげようよ」ということになり、医師にも相談したところ、条件付きでしたが承認を得ました。無理させて連れていくのは責任が伴いますし、患者さんもご家族もそうは言うもののとても心が揺れておられました。結果、結婚式にお連れしましたが、私はこの経験から、看護師が頑張れば“できない”と思われていたことも、“できる”ことになるということを学びました。それからの私は、看護をする上で「患者さんが~したい」と言えば、できる限りその方法を一緒に考えることを大切にするようになりました。実際、患者さんの言葉は「できないのはわかっているが・・・」という言葉を含んだ願望かもしれません。しかし、しっかりと想いを聴いてあげて、できる限り同じ目線に立って、自分事として考えるようにしています。信用をしてくれると、ポロポロと自分の話をされるので、ひと通り想いを聴くことを心掛けています。

当院の外来の看護とは何かを原点から考え、メンバーと共に外来の看護を発展させたい

私は、この病院に長らく勤めていますが、ずっとパートで勤務していました。2年前に正職員となり、現在、主任をしています。本来、主任の立場にいますと人材育成もその役割の一つだと思いますが、私はまだ自信がありません。そこで、当院の主任たちが活動している「ナラティ部」というチームに入りました。「ナラティ部」は当院の看護師たちの「看護の物語(ナラティブ)」を院内・院外に共有する活動を通じて、当院の看護の質を向上させていき、地域住民の皆さんに「良質の看護」を提供していくことを目的にしています。私は、当院の看護とは何か、当院の外来の看護とは何かといったことを原点から考えてみたいと思っています。外来はたくさんの患者さんに対応し、病院の顔だと言われるので、もちろんお褒めの言葉もたくさんいただけますが、同様にクレームもよく言われます。そういった日々の仕事の中で、患者さんに何ができるのか、患者さんは何を思っているのかといったこと、それまでの自分たちの経験の中だけで考えるのではなく、まずは当院の様々な部署の看護を学ぶことで、当院の外来の看護とは何かを考えてみたいと思います。そして、そのような観点でメンバーとともに外来の看護を発展させていきたいと思います。

限られた時間の中で、患者さんが笑顔で帰宅できるようサポートしたい

病院外来
勝又 渚

 私は患者さんを笑顔にするのが得意です。それは私自身、常に笑顔でいる事を心がけているからだと思います。笑顔で接すれば相手も笑顔を返してくれます。けれど患者さんは不安を抱えて受診されます。笑顔がない患者さんは特に会話を多く取っています。病気に関わることはこちらからは聞かず、患者さんから話してきたときに応え、私からはたわいもない会話「今日は雨の中受診大変でしたね。」「明日からまた寒くなるみたいですね。寒いのは苦手です。」などの会話から話し出すと患者さんも話が続き、そこから患者背景が見えてきたりします。定期的に受診される方は「髪の毛切りましたね。」「この間帰りに奥様と○○へ寄ると言っていましたが行けましたか?」患者さんの変化や前回の会話の続きから声をかけると「よく覚えてるね。」と笑顔で会話が弾んだりします。
 患者さんから「勝又さんが居てくれて良かった。」「楽しく仕事をしていますね。患者としては気持ちがよく受診できます。」今年はより患者さんに名前で呼ばれることが多く有難い言葉を頂く事が出来ました。その中でも特に印象に残っている患者さんは、出会って数分で手書きの格言が書かれた1通の絵葉書を私に書いてくださいました。診察前に残尿量測定をする患者さんで私は普段のように検査の説明をしながら会話をしていましたが、「あなたは本当に感じがいいですね。良き女性は常に春のようだ。」と検査を終えた患者さんからお褒めの言葉を頂いたのですが、急なことで「今、何て?」と聞き返し、再度お褒めの言葉をかみしめていると、「あなたのまわりは明るくて温かい。元気がもらえます。」と鞄の中から患者自身が書いた絵葉書とペンを取り出し、その場で格言・私の名前・患者自身の名前をサラサラ書いて丁寧に私に渡してくださいました。
 患者さんとの関わる時間は限られていますが、これからも患者さんが笑顔で帰宅できるようにサポートしていきます。

不安が少なく、安心できるような環境づくりに努めていきたい

病院外来
芳垣 佳奈

 整形外来に所属になり、もうすぐ10年目となります。学生の頃から整形外科は何となく苦手意識があり、所属当初私は、ここでしっかり業務をこなせるのだろうか、周りのスタッフの方々に迷惑ばかりかけてしまうのではないだろうか…などと毎日不安でいっぱいでした。今では整形外科の奥深さや楽しさを知り、日々忙しいながらも充実し楽しく仕事ができています。
 外来では病棟と違い、毎日いろんな患者様と出会います。いつも患者様と看護師が一緒にいる病棟とは違い、月1回、週1回の診察の方、そして初めて来られる患者様ばかりです。診察の介助が主の外来では、その場の即座の判断力が大切だなと思っています。言葉かけ1つでも患者様の表情が変わり、今こう声かけできて良かったと感じた時に、私はやりがいを感じます。相手をよく見て、その人に合った対応や気くばりをし、できるだけ相手の気持ちを引き出そうというのを常に心がけるように努めています。第一印象も大事だと思っています。笑顔や声のトーンに気をつけ、患者様に分かりやすい言葉で問い合わせる配慮をし、患者様の表情や反応をみて少しでも安心につながればいいなと思っています。
 以前、救急外来に応援に行った時に、整形外科にかかりつけの患者様が救急に搬送されてきました。何となく具合が悪いと思いクリニック外来を受診したところ、動脈瘤解離疑いと診断され、心の準備ができる前にあっという間に搬送されてしまったとのことでした。患者様は私の顔と名前を覚えていてくださいました。「あなたの顔を見たら、少しほっとしたわ。不安だけど、また外来で会えるように頑張るわね。」と言ってくださったのを今でも覚えています。
 外来は患者様と関われる時間が限られています。そんな短い時間の中でも、顔と名前を覚えていただき、少しでも不安少なく安心できるような環境づくりに、これからも努めていきたいと思います。
 

目の前にいる患者の思い、看護師に求めている事の大切さを気づけた瞬間

病院外来
鈴木 和枝

 就職して1年がたった頃、業務の中で患者の思いに気づき、その思いを理解しようと考えた場面があった。内科処置室で業務を行っていた。60歳台の女性に対して大腸鏡検査の予約と説明をした時だった。検査前にカルテで患者情報をとった。患者は2回目の検査であり、1回目の検査から1か月たっていなかった。この時なぜ2回目の検査を行うかカルテから見えなかったが、早く検査の説明を行わなければならないという気持ちが強く、患者を処置室へ誘導し机をはさんで座り検査の説明を始めた。「同じ検査をしたばかりなので、簡単に説明しますね」と伝えると、患者はうなずき、その後は淡々と説明する私にだまってうなずいて聞いていた。
 説明の半分が過ぎた時、患者から「また、この検査をして今日の様に、結果に愕然としなければいけないのかしら?」という言葉が出た。その言葉で一瞬説明をやめて患者を見た。患者は笑ってはいた。この時、私は目の前に座っている患者は、1回目の検査の結果に対して何か思う事があるのに、その思いを表出せずにいたのではと気付いた。検査の説明をやめ、今日診察室でどの様な事があったのか聞いてみた。患者は「前回の内視鏡検査の結果、ポリープの一部にがん細胞が見つかり、今回再度病理検査を行って確定診断をしていくとの事。まさかがん細胞が見つかるなんて言われると思わなくて‥」私はずっとうなずいて聞いていた。
 「悪い結果を言われるとは思わなくて、一人で来ちゃったし、一人で結果を受け止めてしまったし、私はもうどうすればいいかわからないわよ。」その後も患者の言葉は続いた。患者の言葉が止まった後、しばらく私はこの患者の状況、思いに看護師としてどの様に返していけばいいか考え、私の考えを伝えた。「大変な思いをしましたね。これからは、今の様に自分の思いを内に秘めずに、医師や、また大事な家族に話して下さい。一人で抱えず、これからの受診は家族と来るようにして結果も皆で受け止めていって下さい」この事だけ伝えた。「わかりました。でも旦那は気が小さいのよね。でも一人で悲しまない様にします。」と言い、立ち上がって処置室を出られた。
 この患者とのやり取りで私が一番考えたのは、途中であったが患者の気持ちをわかろうと気づけた自分がいた事だった。カルテの読みが不十分、説明業務を早くやらねばという自己中心的な思いなどいろいろ反省点がこの事例でも判明したが、目の前にいる患者がどのような思いを抱き、看護師に求めている事は何であろうと考える事の大切さ、気付けた自分が少しうれしかった。
 私はまだ業務をこなす事に必死である為に、この大事な部分に気付かない事が多い。今回の患者との関わりの中で気づいた大切な看護を、これからの業務の中で考えていけるようにしたい。

病棟1階のフロアはわたしにとっての『とっておきの空間』

看護管理室
十枝内 綾乃

 看護部長になり、看護の現場から離れた私にとって、日々のスタッフのナラティブが鋼管病院の看護を感じる手段となっています。そんな、間接的な看護でも多くの喜びや感動を共有できますが、唯一、直接的に看護実践が出来る機会が私にもあります。それは、看護部長室からトイレまでの数十メートルの道のりでの物語です。
 朝8時過ぎの病棟1階のフロアでは、不安げな表情の患者さんに多く出会います。私の『とっておき』はそんな患者さんにいち早く気づき、声をかけることです。声をかけられたときの、驚いたようなそして安堵したような患者さんの表情はいつも私を看護の原点に戻してくれます。検査室や受付などの場所がわからず困っておられる患者さんが殆どで、道案内をします。初めての胃カメラで緊張している方、家族が入院したと聞いてあわてて来院された方、それぞれの方に短い物語があります。ほんの短い時間ですが患者さんと会話をしながら歩くひと時を大切にしています。
 患者さんだけではなく、すれ違うスタッフへ声をかけることも同様です。表情や挨拶の声のトーンなどから、少し会話をしたり励ましたり時には笑わせたりスタッフを身近に感じられる瞬間は『とっておきの時間』です。逆に声をかけられ、元気付けられたり励まされたりすることも多々あります。どうやら病棟1階のフロアはわたしにとっての『とっておきの空間』になっているようです。

患者の訴えを読み取り、個別性に合わせた看護をすることを心がけたい

手術室
林 舞乃

 私が普段から実践している看護で心がけていることは、患者の個別性に合わせて声かけや看護をすることです。看護師になって2年目となり、仕事や環境への慣れから毎日の患者への対応の中で毎回同じような言葉をかけ患者に接していました。しかし、ある症例の外回りをさせていただいたことで、基本的な部分であるそれぞれの患者に合わせた対応をする必要があることを改めて実感しました。
 その症例は下肢の手術で、以前の手術で横紋筋融解症を発症したため、脊髄くも膜下麻酔で鎮静をかけずに実施した症例です。これまでの手術では全身麻酔で行う症例につくことが多かったため手術中に患者の意識はなく、患者とは入室時に少し会話を交わす機会しかありませんでした。そのため、局所麻酔で手術中に意識のある患者に対してどのように接すれば良いのかをこの時に考える機会となりました。患者は手術に興味を示していたため、患者にモニターを見える位置に移動させて手術の進行状況を説明したり、患者の疼痛の有無や何か訴えたいことなどを表情から読み取ったり実際に聞いたりしました。
 手術後に患者から「手術中に説明をしていただいてありがとうございました。なかなか見る機会がないので良かったです。」と言っていただき、自分の看護は患者にとって良いものだったと実感でき、患者に合わせた看護をすることの大切さを改めて考える良い機会となりました。その症例後、患者の表情や行動から訴えを読み取り、患者に合わせた看護を提供できるように常に心がけています。
 入室から退室までの短い間で、業務が多くて患者との関わりを疎かにしがちですが、その中でもこの心がけを忘れずに、少しでも手術を安心して受けることができるような看護を実践したいと思います。

丁寧な言葉使い、丁寧に観察を行い、丁寧な対応を!

透析センター
中迎 智江美

 私が看護する上で心がけていることは、できるだけ患者さんとのコミュニケーションの時間を確保し、丁寧な対応をすることである。丁寧な言葉使い、丁寧に患者さんの観察を行い、できる限り患者さんに寄り添うことを心がけている。
 以前、患者さんから「あなたは、とても丁寧にシャントの音を聞いてくれるわね。」「あなたは本当に優しいから、あなたには何でも話せるわ。」「あなたがいるととても安心するわ。」等の言葉をかけていただいたことがある。
 透析室患者さんは透析中、体動制限ある中4時間以上ベッド上で過ごさなければならなく苦痛を感じている方も多くいる。また、循環動態の変動や症状の変化が起こりやすい中で、患者さんの訴えや状態の変化に早期に気づかなければならないため、普段からのコミュニケーションを通じて患者さんの状態や症状を把握していくことが大切であると感じている。しかし、なかなか看護師に声を掛けられず我慢してしまう人や、不安等を表出できない患者さんも多くいる。また勤務をする上で、自分なりに丁寧な対応を心がけてはいるつもりだが、業務に追われ中々余裕がなく対応ができていないことが多々ある。
 今後は、忙しい時にでも、患者さんに遠慮させないよう事前に声かけを行う等の配慮を行い、周りに目を向け全体がみれるようにしていきたい。

術後訪問の件数を増やし、自分の看護観を深めていきたい

手術室
知花 睦

 私が手術室に配属されてから3年になります。手術室では今年度に入り、術前訪問だけでなく術後訪問にも行くようになりました。術後訪問に行く患者さんは条件がありますが、自分の担当した患者さんで気になった方も行くようになっています。間接介助をする機会も多くなり、自分の担当する患者さんへの術前訪問に行く事も増えてきました。
 ある患者さんで何回か手術の経験があり、術後に皮膚の症状が出てしまい今回もそうならないか不安という患者さんがいました。私は先輩看護師や麻酔科の先生から色々とアドバイスをもらい、当日の手術に臨みました。手術が終わり後日、術後訪問に行ったときに患者さんから「今回は皮膚の症状が全くなかった。本当にありがとう」という言葉をいただきました。その時はとても嬉しくてこれが周手術期看護であると3年目にして気づくことができました。
 術後訪問を開始した時には手術が終わった患者さんに対して何を聞いたらいいのか、自分には看護として関わることができるのかと不安でした。しかし、術前・術中・術後の患者さんを通して自分の行った看護は患者さんにとって最善だったのか、もっとできることがあったのではないかと自分の今の状態について振り返りをし、評価を行うことができることを学びました。また、自分が担当ではないが先輩看護師が術中にどのような看護を行い、術後の患者さんがどのようになったかを見ることで、参考にして自分も患者さんを対応しようと感じる機会にもなりました。
今は手術の件数も多く、早期離床・早い退院で術後訪問に行く件数は少ないですが、今後は今よりも術後訪問の件数を増やし自分の看護観を深めていきたいと思います。

適切なサポートをすることで信頼してもらえるよう看護をしていきたい

透析センター
内海 淳子

 気管支肺炎で入院をしていたAさん70歳代男性について振り返りをしたいと思います。月水金透析中、糖尿病、認知症もあり。意思疎通はできますが、どうしていいかわからないときなど怒ることによって、周りに判断をまかせてしまうようなところがありました。歩行時のふらつきがあるため、病室と透析センター間の移動は車椅子を使用していました。喫煙の習慣があり以前の入院では病室で喫煙し注意を受けたこともありました。今回の入院では喫煙しないように説明していましたが、自力歩行で院外まで行き喫煙をしている姿が確認されていました。
 入院後、ADLが徐々に低下し以前ほど喫煙に行けなくなっていきました。入院して数日後に「入院して困っていることはありますか」とたずねると、ぽつりと「つらい。ありがとう。」と話され涙を流しました。普段はわりと拒否的だったりしますが、私は透析センターでの受け持ち看護師としてのかかわりも長く、私には話しやすかったのかもしれません。自由に喫煙できないこと、入院前のように思うようには動けなくなってきたことなど、身体機能の低下を自覚し悩んでおられました。指摘や説得をしても怒るのでわかりやすい説明を心がけ、毎回ご本人の気持ちを聞くようにしました。そうしていくうちに、禁煙については「そんなにつらくない」と話されるようになりました。
 患者には入院前の日常の生活があり、入院中は患者に大きなストレスがかかっている事、今後認知機能の低下や、身体機能の低下は進むと思われるので、将来的なプランも必要なこと等を常に考えながら適切なサポートをすることで信頼してもらえるよう看護をしていきたいと思います。

私を成長させたプリセプティーとの関わりや委員会の仕事

呼吸器科・循環器科病棟(5北病棟)
清 穂乃美

 今年は看護師4年目となり、リーダー業務やCCUなどの重症部屋の看護、委員の仕事やプリセプターなど、今までに比べて自分のやるべきことが増えました。その中でもプリセプターとしてプリセプティーの不安や悩みに気づけるように、また少しでも安心して職場に来れるようにと考え、毎日挨拶や困っていそうなときは声をかけることを意識して行っていました。
 徐々にプリセプティーの方からもわからないことを聞いてくれるようになったり、同じ勤務だと安心すると言ってもらうことができて、すごく嬉しかったです。また患者さんとプリセプティーの関わりを見て、自分が1年目のときのことを思い出すきっかけや、自分の関わりを見直すきっかけにもなりました。プリセプティーが勉強してきてわからないことを聞かれる機会も多く、一緒に勉強したことで理解が深まったことや、新しい知識を身につけられたこともあります。
 3年目のときに比べていろいろな疾患の患者を受け持つことが増え、実際に看護することで新しく身につけられた知識や技術・患者との関わりもあり、とても勉強になった1年でした。委員会も褥瘡委員と救急委員では褥瘡処置や創傷処置、ドレッシング材の選など勉強になることばかりで、BLS・ACLSの振り返りにもなりました。今後も日々の患者との関わり・看護・業務を大切にしていきたいです。