新人教育

プロへのキャリアは「ふきのとう」から始まります。

「ふきのとう」とは?

基礎コース一人前の看護師に成長する前の新人看護師のことを「ふきのとう」と位置づけ、“よい看護”を提供するために看護師として、人として成熟するための継続的教育プログラムを用意しています。まず新人ナースは、社会人としての心構えや人間関係づくりといったナース教育以前の教育プログラムからスタートします。その後、本格的な新人教育研修に入り、新人看護師の到達目標に合わせた、計画的・効果的・継続的な教育プログラムが組まれています。月1回の「ふきのとうの日」では、演習・講義やグループワークにより自分で考える力を磨き、看護師としての基礎力を構築します。

新人教育プログラム 年間スケジュール

4月

オリエンテーション
新人合同研修
OJT

5

「ふきのとうの日」 ① リアリティーショックの緩和 ② 呼吸器ケア ③ 看護倫理

6

「ふきのとうの日」 ① 救急看護 ② 循環器ケア ③ 夜勤に向けて ④ 3ヶ月チェックリスト

7

「ふきのとうの日」 ① 感染管理 ② 3ヶ月フォローアップ研修

8

「ふきのとうの日」 ① 褥創ケア ② 安全管理など

9

「ふきのとうの日」 ① 看護倫理 ② 退院支援についてなど

10

「ふきのとうの日」 ① 感染管理 ② 看護安全KYT

11

「ふきのとうの日」 ① 6ヵ月フォローアップ研修 ②6ヵ月チェックリスト

12

「ふきのとうの日」新人救急研修

1

「ふきのとうの日」看護過程 ゴードンの機能的健康パターンNANDA-I

2

「ふきのとうの日」 ① 10ヵ月フォローアップ研修 ② 10ヵ月チェックリスト

3

「ふきのとうの日」一年間の振り返り