提案が医師の方針に受け入れられ、患者さんが元気になっていく姿にやりがいを感じる

外科混合

 
私は小学1年生の時に整形外科での入院経験があります。安静にしていなければならないのにも関わらず、歩き回っていました。見つけた看護師さんに叱られるのですが、そんな私に関わる看護師さんの姿に憧れを持ち続けていました。時間が経ち、進路を決める時に、親が喜んでくれたこともあり、看護師の道を歩むことにしました。新人看護師の頃は、特に学生時代とのギャップなどに悩まされることはなく過ごせました。学生時代、病院でアルバイトとして働いていたことも大きいのではないかと思います。そして、仕事に厳しい先輩がいて下さったおかげで、比較的早いうちに一人前の看護師として認めてもらえたような気がします。初めは、患者さんに対する観察もしっかりとできませんでした。でも、経験をしていくうちに観察するポイントが増えるだけでなく、全体を観ながら考えることができるようになってくると、仕事は楽しいものに変化していきました。アセスメントしたこと、データに現れてはいないが経験から考えられる提案を医師にし、医師が方針を作る際に、それを取り入れて治療に臨んでくれる瞬間はやりがいを感じます。そして、患者さんが元気になっていく姿を見ると心の底から嬉しい気持ちになります。こういう瞬間に巡り合えることが多いので、この仕事が嫌になるということはありません。

不安な患者さんの安心感に繋げるためにも“第一印象”を意識することにこだわりたい

私が看護師をする上で大切にしていることは、コミュニケーションの取り方ですが、とりわけ第一印象を一番意識しています。第一印象の良し悪しによって、その後の患者さんとの関わり方に大きな影響を与えます。第一印象が良いと、その後のコミュニケーションはうまくいくので、やるべきことのご理解を頂く際にもスムーズにいきます。より良い看護を提供しやすくなりますし、患者さんもそのことでよい看護を受けることができます。会話ができない患者さんもいらっしゃるので、この場合のコミュニケーションはなかなか難しいものがありますが、そんな時も、笑顔や声のトーンを考えて声掛けをし、患者さんの表情や反応を察しながら可能な限り理解するように努めます。看護師も人間なので、苦手なタイプの患者さんもおり、そういう患者さんを担当することももちろんあると思います。私にも苦手な患者さんがいないと言えばうそになります。しかし、だからこそ、患者さんが抱く第一印象を意識するようにしています。苦手だからと言って、関わりをセーブするなんてことは絶対したくないので、お名前を呼び、様子を伺い、患者さんの立場に立って心配りするように心掛けています。これらは言ってしまえば基本的なことですが、強い不安を感じながら入院されている患者さんにとって、これがきちんとできている時は、安心に繋がっていると感じることが多いです。

患者さんの退院後の生活を考えたり、高齢者がその人らしく生きることができる看護をしたい

昨年、看護研究で認知症について取り上げましたが、自分にとって新しい学びがあり、たいへん刺激的な機会でした。それは、私たちが正しいと思ってしている対応がもしかして患者さんの状態を悪化させているのではないかという問題意識でした。例えば、2分前にトイレに行った患者さんがすぐまたトイレに行きたいと言った時の対応も様々なものがあります。「今、行ったばかりじゃないですか」や「もう出ませんよ」といった対応をした場合、時として患者さんがそれに反応して興奮するというケースもあります。こういう時にどのような対応がそれぞれの患者さんに適しているのかということを考える機会を得ました。私はそれ以来、元々、高齢者が好きなこともあり、認知症の発症の有無に関わらず、残りの人生をその人らしく生きて頂く看護をしたいと思うようになりました。今後はそのような知識をもっと身につけたいですし、これまでのような入院から退院までというスパンから、退院後の生活のことも想定して考えることができる看護師になりたいと思います。そして、コミュニケーション能力をさらに高め、それを活かしていきたいと思います。