術後訪問の件数を増やし、自分の看護観を深めていきたい

手術室
知花 睦

 私が手術室に配属されてから3年になります。手術室では今年度に入り、術前訪問だけでなく術後訪問にも行くようになりました。術後訪問に行く患者さんは条件がありますが、自分の担当した患者さんで気になった方も行くようになっています。間接介助をする機会も多くなり、自分の担当する患者さんへの術前訪問に行く事も増えてきました。
 ある患者さんで何回か手術の経験があり、術後に皮膚の症状が出てしまい今回もそうならないか不安という患者さんがいました。私は先輩看護師や麻酔科の先生から色々とアドバイスをもらい、当日の手術に臨みました。手術が終わり後日、術後訪問に行ったときに患者さんから「今回は皮膚の症状が全くなかった。本当にありがとう」という言葉をいただきました。その時はとても嬉しくてこれが周手術期看護であると3年目にして気づくことができました。
 術後訪問を開始した時には手術が終わった患者さんに対して何を聞いたらいいのか、自分には看護として関わることができるのかと不安でした。しかし、術前・術中・術後の患者さんを通して自分の行った看護は患者さんにとって最善だったのか、もっとできることがあったのではないかと自分の今の状態について振り返りをし、評価を行うことができることを学びました。また、自分が担当ではないが先輩看護師が術中にどのような看護を行い、術後の患者さんがどのようになったかを見ることで、参考にして自分も患者さんを対応しようと感じる機会にもなりました。
今は手術の件数も多く、早期離床・早い退院で術後訪問に行く件数は少ないですが、今後は今よりも術後訪問の件数を増やし自分の看護観を深めていきたいと思います。