どんな患者さんにも必ずできることがあり、 その力を最大限に引き出し回復へと導いていくことを大切にしています。 同じように、スタッフの個々の能力や可能性を大切にし、 スタッフの成長機会を支援します。 看護部で働くすべてのスタッフが 『鋼管病院で働いて良かった』 と思える職場づくりを進め、“誰かに自慢できる病院”を目指しています。



更新情報